ESN tax consulting 税務人材不足を補完する企業の税務実務のプロフェショナルサポート | ESN tax consulting | 税理士、シニアコンサルタントによる高品質の税務コンサルティングファーム | 東京都千代田区

Home > サービスライン > サービスライン02

税務人材不足を補完する企業の税務実務のプロフェショナルサポート
02

税務人材不足を補完する企業の税務実務のプロフェショナルサポート

税務人材不足を補完する企業の税務実務のプロフェショナルサポート

企業活動は国内需要の変化に対応しその活動範囲を海外市場に拡大する一方、企業は成長のためにグループ内の事業再編あるいはM&Aなどを用いて経済環境の変化に対応した価値創造のための戦略が求められています。経済環境と企業経営の変化に連動して、毎年の税制改正も企業グループの活動を対象とした分野、国際税務分野などの見直しが多く、その結果、税務の複雑性を増加させています。一方で、企業が適宜改正税制の内容を確認し、かつ適切に対応するための税務人材は、複雑性の増加も一因となり不足しています。ESN tax consultingでは、企業の税務人材不足に起因する税務対応をサポートするために、税務人材育成のための研修プログラムの作成、研修実施、申告書作成のプロセス構築とレビューを通じた実務研修のほか、企業の税務業務内容一覧を作成し、当該業務の一部プロセスを代行することにより税務人材不足の解消及び企業の税務コストの適正化実現をサポートします。

税務業務内製化サポート(全般型)

税務調査での不測の指摘事項と税金流出の防止対策の構築と会社の人材資源の最適配分を実現するために、従来の税務業務の可視化を通じて業務の信頼性と効率性の向上を図るため、ESN Tax consultingは企業における税務業務の経験豊かな税理士が、現状業務の分析を通じて、課題抽出と解決策の立案並びにその導入をサポートします。企業のニーズに応じた業務設計を基本としますが、アウトラインとして3年目に税務業務の内製化の完成とその後の維持管理に移行するサポートをいたします。(以下対応例)

税務業務内製化サポート(全般型)

税務業務内製化サポート(部分型)

日系企業の税務担当チームの人材が流動的なケースが多く見受けられます。企業の人材育成方針が、税務限定とはせずに、税務経験を一つのキャリアステップにするケースがその理由の一つになる他、最近の税制改正はグループ企業を対象とした国内外の税務対応を求めるものが多くなった結果、税務担当者の負担が重くなり業務継続が困難な状況が散見されます。

ESN tax consultingの税務業務内製化(部分型)のサポート業務は、企業の税務担当者の負担を緩和することを目的に、負担が重くなる業務、特に税務経験を活かして対応する税制改正の内容確認とその適用可能性の検討、国際税務業務の対応として、海外子会社への英語を使用した情報依頼の作成、海外子会社が作成する移転価格文書の作成の内容確認に絞って対応いたします。そのほか、税務体制の内部統制環境の整備のために、重要な税務判断及び税務申告書のレビューなどを提携税理士チームが対応いたします。

税務業務随時サポート

ESN tax consultingは、法人税・消費税申告書の作成、M&A及びその他のグループ再編等のプロジェクトベースの税務業務、その他個別の税務業務について委託により企業の税務業務をサポートいたします。移転価格サポート、外国税額控除及びタックスヘイブンサポートは国際税務サポートをご覧ください。