ESN tax consulting 企業のイノベーションを推進する税務ガバナンスの構築 | ESN tax consulting | 税理士、シニアコンサルタントによる高品質の税務コンサルティングファーム | 東京都千代田区

Home > サービスライン > サービスライン01

企業のイノベーションを推進する税務ガバナンスの構築
01

企業のイノベーションを推進する税務ガバナンスの構築

企業のイノベーションをサポートする税務コーポレートガバナンス(CG)の構築

IPOを目指す企業にとって法人税の税務調査で重加算税の対象となる指摘は上場審査に支障が生じるだけでなく、税務調査の対象法人として比較的短期間に税務調査が開始されるなどIPO計画に悪影響を与えるため、未然に防止する対応が必要です。

短期調査による課題抽出

国税庁の税務に関するコーポレートガバナンスの充実に向けた取組の事務実施要領の制定について(事務運営指針)の別紙1及び様式1を利用して、税務CG構築に関する現状分析、課題抽出及び構築に向けたロードマップを作成します。

課題解決のサポート

抽出された課題について、例えばトップマネジメントの税務関与のポイント、経理部における税務ポリシー作成と専門家の確認体制を含む税務体制構築と内部統制の補強、電帳法対応を前提に置いた規程整備、税務調査対応方針作成などのサポートを行い、重加算税の回避、無駄のない適切水準の税コストマネジメントをサポートします。

電帳法対応

アフターコロナの新常態の企業活動では、社内文書のみならず、売上、仕入、経費計上等あらゆる分野においてペーパーレスによる業務推進と業務効率化を目指した体制構築が求められています。単にペーパーレスといっても、企業活動の結果が適正な財務諸表の作成を通じて投資家、債権者その他の利害関係者に報告されるための体制構築が前提になるばかりか、税法が規定する帳簿書類の保存義務を履行する必要があります。ESN tax consultingはペーパーレス化プロジェクトを推進する企業の電帳法対応領域について、その要件定義及び設定のアドバイス及びレビュー並びにスキャナ保存・電子取引について電帳法が要求する事務処理要件に関する体制構築と規程作成をサポートします。また導入するシステムベンダーの選定においても、電帳法観点からの優劣比較等の選定サポート、その後の導入時における電帳法対応領域のベンダーとの調整、国税関係書類のスキャナ保存については、その承認申請書の作成までサポートします。電帳法対応を国税関係帳簿及び書類について行うことにより、個社ベースの税務ガバナンス対応のプラットフォームが整い税務調査対応への時間短縮、税務リスク及びコスト管理の基礎が整備されます。

ESN tax consultingは、これらの支援を通じて企業の税務調査における非違事項の減少と税務コーポレートガバナンス体制の構築を図り、税務業務に関する少人数体制の運用を目指す企業をサポートします。

企業のイノベーションを推進する税務ガバナンスの構築